英語パフォーマンス甲子園

 

 

英語パフォーマンス甲子園

高校生が「文化」を見つめ、英語×パフォーマンスで世界に発信する。

 国境を越えて共感できる「文化」は人と人をつなぐ重要なファクターです。

「地球市民」への第一歩は、自らの見方や考え方が、自分が暮らす地域の「文化」に基づいていて、自然環境や社会環境によって多様であり、時代とともに変化するものであることに気づくことなのではないでしょうか。

 

「英語パフォーマンス甲子園」は、ESD(Education  for  Sustainable  Development 持続可能な開発のための教育)を大会理念としています。高校生の皆さんが、日本や地域の文化を深く理解し、国際言語である英語と、言語を超えるパフォーマンスを通じて「どのように生きたいのか」を伝えられる大会です。

 

 探求心やしなやかな感性を持つ高校生の皆さんが、この大会で「文化」と向き合い、世界に向けたパフォーマンスを行う学びと経験で「地球市民」としての大切な一歩を踏み出すことを願っています。

 

 

 

【開催日】
2018年8月24日(金)  ※ 平成30年度の大会は終了いたしました。
【時 間】
13:00~  (受付 12:30)
【場 所】
DMG MORI やまと郡山城ホール(大ホール) 奈良県大和郡山市北郡山町211-3
【定 員】
1000名
【主 催】英語パフォーマンス甲子園実行委員会

 

 

 

 

<公式HPはこちら>

明治150年事業

安堵町・明治150年記念シンポジウム 大和維新 古(いにしえ)から明治、知の系譜を辿る。

 

 

明治150年事業

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年の年にあたります。それを記念し、「明治150年」をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代に遺すことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識する機会とすべく、総務省等各省庁と連携して「明治150年」に向けた関連施策を推進しています。

 

 

安堵町・明治150年記念シンポジウム「大和維新」

聖徳太子は隋の皇帝・煬帝に「日出処の天子」という親書を送り、国内においては17条憲法に制定し、冠位十二階を定め、中央集権型国家の礎を作り、世界に誇る木造建築技術を持って法隆寺を建立し、日本の黎明期に大きな改革と維新を断行しました。また、大和を中心に観阿弥・世阿弥による「能」の文化が培われてきました。日本美溢れる能楽の発祥と進化はまさに中世の「文化の維新」でもありました。金春禅竹の能「定家」は安堵町の花「定家蔓」がモチーフとなった名作、そして激動の明治に安堵町に生を受けた近代陶芸の巨匠・富本憲吉も「定家蔓」を作陶のモチーフとしました。古代、中世、そして明治へと受け継がれ、歴史の変わり目に起きた3つの「大和維新」。本シンポジウムではその文化、偉人の気概や英知を育んだ風土「うぶすな」の原点を探ります。

 

<プログラム>

基調講演『能と安堵町』     土屋 恵一郎

 

パネルディスカッション 

日本の近代・国際化の 黎明期「明治」に。安堵町は奈良県の独立・再設置に生涯を捧げた今村勤三、日本で初めてBCGワクチンの人体接種を行い、当時不治の病とされていた結核の予防と治療に尽力した今村荒男、そして人間国宝第一号で近代陶芸の巨匠・富本憲吉の3名の偉人を輩出しました。安堵の知の系譜を辿りながら、「教養・芸術・人間力」について掘り下げていきます。

 パネリスト    岡本 彰夫

 パネリスト        植松 三十里

 パネリスト      吉田 栄治郎

 コーディネーター 川井 徳子

 

シンポジウム「大和維新」チラシは下記リンクよりPDFファイルでご覧ください。

11月11日安堵町・明治明治150年き年シンポジウム「大和維新」チラシ(PDF:2MB)

 

 

 

 

<お問い合わせ> 0742-22-1588

 

 

【開催日】2018年11月11日(日)

【時 間】13:30 ~ 15:30(受付13:00)

【場 所】明治大学リバティーホール(千代田区神田駿河台1-1リバティータワー1F)

【定 員】500人

【主 催】安堵町

【後 援】奈良県、安堵町教育委員会、明治大学、株式会社新潮社、NHK奈良放送局、奈良テレビ放送株式会社、株式会社南都銀行、公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ

 

 

明治大学リバティーホール

 

最寄駅からのアクセス

  • JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅
    下車徒歩約3分
  • 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅
    下車徒歩約5分
  • 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅
    下車徒歩約5分

 

 

※webからお申し込みの際は、申し込みアドレスの迷惑メールフィルター等の設定をご利用になっていないことをお確かめの上お申し込みください。設定により参加証が届かない場合があります。

会員募集

会員募集、ご寄付のお願いについて

ご寄付お問い合わせフォーム

お名前

※入力必須
TEL
メールアドレス

※入力必須
ご寄付お問い合わせ内容

※入力必須

個人情報の取り扱いについて

この「ご寄付お問い合わせフォーム」にご入力頂いた個人情報については
公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ「プライパシーポリシー」に従い、適切に取り扱います。
>>公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ「プライバシーポリシー」へ

※入力必須

このたびは、公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボへご寄付お問い合わせいただき、ありがとうございました。

担当者より、ご返答させていただきますので、しばらくお待ちくださいませ。

お問い合わせフォーム

お名前

※入力必須
TEL
メールアドレス

※入力必須
お問い合わせ内容

※入力必須

個人情報の取り扱いについて

この「お問い合わせフォーム」にご入力頂いた個人情報については
公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ「プライパシーポリシー」に従い、適切に取り扱います。
>>公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボ「プライバシーポリシー」へ

※入力必須

このたびは、公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボへお問い合わせいただき、ありがとうございました。

担当者より、ご返答させていただきますので、しばらくお待ちくださいませ。

ご寄付のお願い

ご寄付は税金の控除を受けることができ節税にもつながります。

 

ご寄付により税金の控除を受けることができます。
優遇内容は次の通りです
1. 所得税控除 (寄付金額-2,000円)×40%
2. 地方税控除 (寄付金額-2,000円)×10%*
つまり、1万円のご寄付で、最大4,000円の税金が還付されます。
(2は奈良市にお住まいの方に限ります)
確定申告の際に公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボの発行する領収証を添付してください。
ご不明点はお近くの税務署へお問い合わせください。

会員募集のお願い

会員の種類

◆正会員(個人または法人) 
公益社団法人の主旨に賛同して事業企画に参画し、法人運営に参加する者

◆賛助会員(法人に限る)
公益社団法人の事業に賛同して協賛・支援する者

 

 

会 費

◆個人正会員
1口10,000円(1口以上)

◆法人正会員
1口10,000円(3口以上)

◆賛助会員
30,000円以上

 

入会特典

  • 主催講演、行事等の優待参加
  • 賛助会員企業の商品・サービスの特別割引

 

 

入会の手続き

別紙会員入会申込書に必要事項をご記入の上、以下までご送付ください

●FAXの場合  0742-43-1421
●郵送の場合  〒631-0823 奈良市西大寺国見町1-7-22

※詳細は会員入会申込書に記載

 

 

お問い合わせ

公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボの活動等についてお気軽にお問い合わせください。

迅速な対応をめざしておりますが、内容によっては多少の時間をいただくことがございます。あらかじめご了承ください。

 

 

メールフォームでのお問い合わせ

 

お電話・FAXでのお問い合わせ

お問い合わせ受付時間(9:0017:30 / 土、日、祝日、当グループ休業日を除く)

 

TEL:0742-49-0861

FAX:0742-43-1421

活 動

公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボの活動をご紹介します。