活 動

公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボの活動をご紹介します。

事業に関する資料

 

事業報告書

 

事業計画書

 

活動報告書

設立目的

公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボは奈良の文化・歴史・地域産業等についての調査研究活動ならびに各種の文化教室・生涯学習講座および健康福祉の施設運営について広く地域社会に公開するとともに、地域の文化事業を支援することにより地域活性化に貢献することを目的とする公益社団法人です。

理事長あいさつ

平成27年12月吉日

 

 このたび、平成27年11月27日開催の理事会において、公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボの理事長に選出されましたので、一言ご挨拶申し上げます。

 

 今から33年前に創設されました当法人は、平成19年厚生労働省が運営しておりました健康増進施設を継承することにより、地域社会とのかかわりが一段と強化されました。こうした時期に平成18年、我が国の公益法人制度の大改革が実行されるところとなりました。

 

 川井徳子初代理事長の大方針の中で、当法人は公益法人への移行を目指すことになり、小堀脩前理事長のご尽力により、法人の組織・事業運営・人材などについて整備改革を推進し、監督官庁の厳しい指導を賜りつつ審査の結果、平成25年3月18日付奈良県知事から公益法人の認定をいただくことができました。

 

 当法人の第一の主幹事業は、奈良ウェルネス倶楽部として定着している生涯学習センターの運営であります。「からだの健康づくり講座」「こころの健康づくり講座」につきましては、2800余名の受講生様・140名の講師先生・事務局の三位一体で地域住民の生涯学習と福祉向上を目指し、既存講座の拡充を図りつつニーズに応じた新たな講座開設にも注力して、高齢化社会に貢献できる努力を続けます。

 

 第二の事業は21世紀日本の地域社会構造に関する調査研究であります。当法人の定款第4条(1)には「地域経済社会に貢献するための経済・政治・文化及びこれらの諸制度に関する調査研究並びに大学研究機関と連携した共同研究活動」とあります。当法人が設立された当初の社会科学研究所時代からの活動ですが、具体的には学術研究者、専門家とのネットワーク基盤を強化し、科学的知見に基づく社会分析を重んじつつ地域経済の発展に寄与できればと考えています。今後の事業としては県が公募した、まちづくり構想策定への参画、旧富本憲吉記念館リメイク、和紙プロジェクト等、地域力を向上させていく経済政策立案等にも積極果敢に挑戦して行く覚悟です。

 

 その他、『古事記』と『日本書紀』の記紀時代から万葉時代に至る、我が国創世の原点にかかわる奈良における文化催事につきましても、各種の事業に参加するとともに協力してまいります。

 

 当法人の趣旨にご賛同いただき、関係機関ならびに多くの方々に一層のご支援を賜わりますよう、心からお願い申しあげまして理事長就任のご挨拶とさせていただきます。

 

公益社団法人 ソーシャル・サイエンス・ラボ
理事長 尼﨑 勝己

事業内容

地域住民の健康づくり活動

奈良ウェルネス倶楽部の運営
~300講座・講師150名・受講生3500名の活動強化をめざして~

  • からだの健康づくり講座
  • こころの健康づくり講座
  • 歴史・伝統文化継承講座
  • 各種セミナー・講演会

 

>奈良ウェルネス倶楽部

 

 

地域経済社会への貢献活動

観光文化・街づくり・地域産業等の調査研究活動
~奈良の地域活性化をめざして~

  • 地域における歴史創造・人間創造・地域創造の環境調査
  • 地域資源の活用を課題とする調査研究
  • 大学・研究機関・地方自治体との共同研究

 

 

地域文化の伝統継承活動

雅楽、奈良能等文化活動支援
~伝統文化をより身近なものに~

  • なら芝能協賛支援
  • 奈良県・市町村の文化事業に参加・協力

 

 

ソーシャル・サイエンス・ラボについて

公益社団法人ソーシャル・サイエンス・ラボは組織は、 2 部門によって構成されています。

 

調査研究部門では定款に基づき大学やその他の機関と共同で調査・研究活動を行い、奈良ゆかりの伝統芸能である能などの行催事の支援をしています。また、常任の主任研究員、研究員のほかに外部から上席研究員、客員研究を招き、プロジェクトごとに連携した活動を展開しています。


奈良ウェルネス倶楽部はカルチャー部門を担当、施設の統括責任者である施設長ほか各職員が企画立案から日常の講座運営、カウンターでの対応まで、外部の委託職員とともに業務に当たっています。
カルチャー事業の性格上、原則として 5 月の連休、盆休み、歳末から新年にかけての休日以外は、土・日も朝から夜の 9 時まで施設は常時稼動しているため、ローティションを組み担当者ごとに業務に取り組んでいます。